CAT'S♥EYE Wiki
Advertisement
Replace this image JA
ミケール・ハインツ
性別: 男性
配偶者: 真璃絵
家族: 来生泪
来生瞳
来生愛
  

ミケール・ハインツ

人物解説[]

ドイツ人の画家。来生三姉妹の父親。幻の古代ギリシア彫像「アフロディーテ」(途中より「アテナイのアフロス」に呼称変更)を所有し、世界中の美術シンジケートから狙われる身となったため、身内に害が及ばないよう公式の記録では大戦中に死亡したことになっている。クラナッフ・シンジケートの企みから身を隠し、生死も行方も不明であった。生死の懸念をしていた来生三姉妹は、父の愛していたレストランの長期リザーブが切れる日に何らかのアクションがあるのではないかと一縷の望みを託して待っていた。20年の座席リザーブが切れる直前、ハインツ本人からリザーブを5年更新する旨の予約電話が入り生存が確認される。
真璃絵が三人目の子を身篭っていた時期、シンジケートの手が迫っているのを察知。家族に危害が加えられるのを避けるため、身を隠した。翌年生まれてくるその子が女の子だったら「」と名付けるよう、名前とその願いを込めたメッセージを吹き込んだレコードを二人の娘へのクリスマスプレゼントと共に贈った。しかし、まだの顔を直接見たことはない。
Advertisement