CAT'S♥EYE Wiki
Advertisement
キャッツ♥アイ

Logo cats

ジャンル 怪盗・ラブコメディ・少年漫画
アニメ:CAT'S EYE キャッツ・アイ
アニメーション制作 東京ムービー新社
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1983年7月11日 - 1984年3月26日
1984年10月8日 - 1985年7月8日
話数 73話
テンプレート使用方法 ノート

キャッツ・アイ

解説[]

東京ムービー新社の制作により、毎週月曜日の19時から19時30分の時間帯に日本テレビ系で放送。間にエイケン制作の『ガラスの仮面』をはさむ形で第1期が1983年7月11日から1984年3月26日まで、第2期が1984年10月8日から1985年7月8日まで放送された。第2期については、東京ムービーの公式サイトなどで第1期との区別のため、タイトルのあとに"2nd season"と表記されることもある。第1期の杏里が歌う主題歌『CAT'S EYE』はオリコンシングルチャート1位、サウンドトラック『キャッツ・アイ』(28K-57)はオリコンLPチャートで5位[1]を獲得するなど大ヒットしたものの、番組自体の平均視聴率は裏番組『忍者ハットリくん』(テレビ朝日)等の影響からか13%から14%と、当時のゴールデンタイムのアニメとしては凡庸な数字であった。読売広告社は期待していた数字より高くなかったとしている。しかし現在でも、各地方局、キッズステーションやファミリー劇場のCS放送などで頻繁に再放送されている。また、海外でも多くの国で放送され、現在まで人気の高い作品である。

第1期のチーフディレクターは、出崎統の下で演出職を務めていた竹内啓雄、第2期は『ルパン三世』シリーズに参加し、後に『シティーハンター』や『名探偵コナン』を監督することになったこだま兼嗣が務めた。キャラクターデザインは、出崎とコンビを組むことが多い杉野昭夫が第1期のメインキャラクターと第1話のゲストのデザインを担当。杉野は最初の数話を担当したのみで、第1期の残りのデザインは、総作画監督も務めた平山智が担当し、平山は第2期のメインキャラクターのデザインも任された。

第1期は原作を下敷きにした作品の割合が多かったが、第2期に入ると柏原寛司、宮下隼一ら『太陽にほえろ!』『西部警察』等のアクションドラマ出身の脚本家の参加により、1話限りのゲストキャラを配して、美術品によって私腹を肥やす悪人との対決を描く活劇的なストーリーなど、バラエティ豊かな作品が続出する。その一方で、原作での主要キャラであった平野、武内、木崎、神谷が登場せず、原作を下敷きにした作品でもストーリーが異なるなどの相違点がある。全体的に原作と比べ、舞台設定やキャラクターの設定は変更されている部分も多い。作中のBGMは、大谷和夫が過去に担当し日本テレビ音楽が原盤権を管理しているドラマ『探偵物語』『プロハンター』のものも多数流用された、またCS等の再放送ではOP最後の東京ムービー新社のテロップが現在の社名トムス・エンタテインメントに変更されている。

各回の冒頭で表示されるサブタイトルは赤地をバックに白抜きの文字で表示され、前半パート終了時に入るアイキャッチの絵は毎回異なり、水彩画タッチで来生三姉妹のうち1人を描いたものが多く使用された。

スタッフ[]

※(1)(2)は片シーズンのみの担当

  • プロデューサー:初川則夫加藤俊三
  • シリーズ構成(1):飯岡順一
  • シナリオディレクター(2):飯岡順一
  • チーフディレクター:竹内啓雄(1) / 児玉兼嗣(2)
  • キャラクターデザイン:杉野昭夫(1) / 平山智(2)
  • 作画監督:平山智 / 塚田信子(1) / 富田邦(2)
  • 美術監督:水谷利春 / 早乙女満(1) / 石垣努、小関睦夫(2)
  • 撮影監督:高橋宏固
  • 録音監督:加藤敏
  • 音楽監督:鈴木清司(選曲:合田豊)
  • 音楽:大谷和夫
  • 制作:東京ムービー新社

声の出演[]

主題歌[]

オープニングテーマ
  • CAT'S EYE』 (第1期)
    • 歌:杏里、作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎、編曲:大谷和夫
  • デリンジャー』(第2期)
    • 歌:刀根麻理子、作詞:三浦徳子、作曲:佐藤健、編曲:新川博
エンディングテーマ
  • DANCING WITH THE SUNSHINE』(第1期)
    • 歌:杏里キャシー・リン(第13話より)、作詞:三浦徳子、訳詞(第13話より):ブライアン・リッチー、作曲:小田裕一郎、編曲:大谷和夫
主題歌を歌った杏里は、アニメの主題歌を歌うことに対して非常に嫌悪感を持っていた。
第13話より歌詞は英語になっている。
  • ホットスタッフ』(第2期)
    • 歌:シェリー・サベッジ、作詞:ブライアン・リッチー、作曲:つのごうじ、編曲:新川博
主題歌のアニメーション
第1期、第2期のオープニング、エンディングのアニメーションはいずれもほんだゆきおが担当した。オープニングとエンディングは、当時の放送時間やアニメという媒体であることを考えるとセクシャルな印象を強く受けるものであった。第1期オープニングは曲自体はアニメソングの王道パターン(番組名連呼)を踏襲していたが、第2期の方は映像・歌詞ともにエロティシズムを醸し出していた。また、第2期のオープニングには冒頭の後ろ姿で髪を掻き上げるシーンが実際に使用されたレオタード姿ではなくヌードで描かれた未使用のバージョンが存在している。
エンディングは第1期・2期とも、来生三姉妹がエアロビクスダンスをしている設定となっている。第2期のものは、第1期よりも動きにリアリティーを持たせるために、ダンサーが実際に踊った映像を忠実に再現することに決定。女性ダンサー(池田光子・平田和子・盛合千鶴子)を来生三姉妹に見立て、シルエットをより近づけるために各キャラクターの髪型に近いカツラや、豊かなバストラインを再現するためにレオタードの下に胸パッドを装着して撮影に臨んだ。その映像を1コマ1コマトレースし、輪郭を切り抜く作業を施すのだが、通常の切り出しナイフやカッターでは繊細なラインを再現できず、刃の薄い剃刀を採用したという。そこにホログラムを重ね、下から柔らかい光を当てて撮影をしている。通常よりも時間と手間を掛けた分、より官能的な仕上がりになったと当時の製作スタッフが感慨深げに語っている。
曲の終盤、下から上を映しているカメラを瞳が一跨ぎしているような斬新なアングルのカットがある。

各話リスト[]

第1期[]

話数 サブタイトル 脚本 ディレクター
(絵コンテ)
1 君はセクシーな泥棒 藤川桂介 早川よしお
2 ようこそ警察へ 福富博
3 うるさい小悪魔にご用心 金春智子
高屋敷英夫
早川よしお
4 挑戦者(チャレンジャー)はパリの匂い 高屋敷英夫 早川よしお
奥脇雅晴
5 夜間飛行は危険な香り 大和屋竺 早川よしお
児玉兼嗣
6 ちょっとだけ恋人気分 藤川桂介 福富博
7 ラブサインは華やかに 金春智子 大賀俊二
8 遥かなるトットチーノ 大和屋竺 福富博
9 とってもおかしな大追跡 大川俊道 奥脇雅晴
10 ドッグフードはお好き 寺田憲史 大賀俊二
11 アメリカの危険な誘惑 藤川桂介 早川よしお
12 ヨーロッパの華麗な誘惑 大賀俊二
13 行かないで私の恋 金春智子 児玉兼嗣
14 クレオパトラの身代金 大川俊道 福富博
15 真夜中に翔べレオタード 来生翔 奥脇雅晴
16 月曜日は微笑む時 寺田憲史 福富博
17 死神には銃弾がふさわしい 大川俊道 大賀俊二
18 追いつめられて 水谷龍二 早川よしお
19 あなただけに今晩は 大川俊道 奥脇雅晴
20 恋人たちのホリデー 藤川桂介 早川よしお
21 一度だけあなたに会いたい 金春智子 井戸端徹
22 雪降る日の訪問者 水谷龍二 池田成
23 冬は恋の陽だまり 寺田憲史 丹下健太
24 サンタが空から降ってきた 大川俊道 早川よしお
25 12時の鐘が鳴るとき 来生翔 池田成
26 ルナン島より愛をこめて 大野武雄 井戸端徹
27 ルナン島危機一髪 大賀俊二
28 うしなわれた記憶 大川俊道 児玉兼嗣
29 ショーは華やかに 金春智子 早川よしお
30 アスレチックは死の匂い 大野武雄 池田成
31 それはキッスで始まった 大川俊道 井戸端徹
32 美術館は危険がいっぱい 永海秀国 大賀俊二
33 標的(ターゲット)はプロポーズ 金春智子 早川よしお
34 君はハインツを見たか? 大川俊道 井戸端徹
35 暴け! キャッツの秘密 大野武雄 池田成
36 ハインツを知る男 井戸端徹

第2期[]

話数 サブタイトル 脚本 ディレクター
(絵コンテ)
1 フランスから来た牝猫 大野武雄 こだま兼嗣
2 ミッドナイトに濡れて舞う 柏原寛司 奥脇雅晴
3 天使たちの身代金 宮下隼一 竹内啓雄
4 暗闇でどっきり 日暮裕一 大賀俊二
5 狩人はバッヂをつけていた 大川俊道 こだま兼嗣
6 盗まれたアイ・ラブ・ユー 宮下隼一 奥脇雅晴
7 おいしい生活 日暮裕一 こだま兼嗣
8 華麗なる罠 柏原寛司 竹内啓雄
9 恋の狂走曲 大野武雄 奥脇雅晴
(大頭桃太)
10 もっとも危険なゲーム 日暮裕一 奥脇雅晴
11 プレゼントはパパのワイン 宮下隼一 竹内啓雄
12 冬の夜はミステリー 大野武雄 こだま兼嗣
13 横浜ベイブルース 柏原寛司 福富博
14 君に星の涙を 宮下隼一 こだま兼嗣
15 偽りのウェディング・ベル 日暮裕一 奥脇雅晴
16 甘い誘いに気をつけて 柏原寛司 こだま兼嗣
17 さらば、冬のカモメ 大川俊道 大賀俊二
18 課長のほれた人 大野武雄 福富博
19 犬鳴署三重奏 大川俊道 奥脇雅晴
20 転校生に胸さわぎ 宮下隼一 こだま兼嗣
21 悪党どもに鎮魂歌(レクイエム)を 柏原寛司 大賀俊二
22 幻の女を愛した俊夫 日暮裕一 福富博
23 恋は突然に 大野武雄 奥脇雅晴
24 エイプリルフールはお熱く 宮下隼一 大賀俊二
25 気まぐれスクランブル 大川俊道 こだま兼嗣
26 恋のハーフタイム 大野武雄 奥脇雅晴
27 泣くな犬鳴トリオ 日暮裕一 竹内啓雄
28 サヨナラボクのママ達 大野武雄 奥脇雅晴
29 フルムーンに乾杯 宮下隼一 大賀俊二
30 ダンスは星空で 金春智子 こだま兼嗣
31 素晴らしきレオタード 日暮裕一 奥脇雅晴
32 瞳にくびったけ 柏原寛司 大賀俊二
33 キャッツにハートブレイク 日暮裕一 こだま兼嗣
34 南十字星に愛をこめて 柏原寛司 奥脇雅晴
35 君の素顔はシルエット 宮下隼一 こだま兼嗣
36 盗みのチャンスは一度だけ 大川俊道 大賀俊二
37 愛のカーテンコール 大野武雄 奥脇雅晴

補足[]

  • アニメ版のレギュラー声優のうち三姉妹役(戸田恵子藤田淑子坂本千夏)および榊原良子が『シティーハンター』に、内海賢二が『エンジェル・ハート』にゲスト出演している。
  • 第1期では来生三姉妹の入浴シーンで乳首の露出が存在する(漫画と第2期には存在しない)。
  • 製作スタッフが移行している為か同社作品である『ロボタン』の第29話のマリリンが喫茶店で敵メカに指令を与えるシーンにほんの数カットだけ来生三姉妹が写っている。

テレビアニメサウンドトラック[]

詳細はアニメ版キャッツ・アイのサウンドトラックを参照

(音楽担当:大谷和夫ほか)

  • キャッツ・アイ サウンドトラック(1983年9月21日、フォーライフレコード)
  • キャッツ・アイ サウンドトラック ドラマ編(1983年、フォーライフレコード)
  • キャッツ・アイ オリジナル・サウンドトラック(1984年11月25日、徳間ジャパン)
  • キャッツ・アイ オリジナル・サウンドトラック ドラマ編(1984年、徳間ジャパン)

以下リイシュー作品

  • アニメ・ミュージック・カプセル「キャッツ・アイ」(2008年7月19日、ウルトラ・ヴァイヴ)
  • アニメ・ミュージック・カプセル「キャッツ・アイSeason2」(2008年10月18日、ウルトラ・ヴァイヴ)

脚注[]

  1. 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年-平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、333頁。ISBN 4871310256

外部リンク[]

Advertisement